犬の生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オイラと周囲が抱える問題

やぁ、ミナノシュウ。
お元気ですか?オイラです。




ひっさびさにパソコン立ち上げてみたら、
画像がエライ事になってますな。


いや~、失敬失敬。


手直し面倒なので、スルーしてやってね。


そのうち、ちゃんと画像そろえてなんとかしなきゃ。


2011-04-10+195_convert_20110412114915-2_convert_20110416151209.jpg

カミングアウトなので嫌で暗い話だけど、
大切な事。


ちょっと古い画像。


1歳の誕生日の頃だ。


実は、この頃にはすでにオイラの肢の事について、
家人は気づいていた。

本当は生後4か月の頃には「何かが違う」って気づいていた。

病気かどうかはわからなかったけど、
どこかがおかしい!何かが違うって。
本当はどこがおかしいのか?解んなかった。
歩き方、水の飲み方、フードの食べ方etc.


んで、自称頼れるって人にこの病気の症状を含めて
色々気になることをたくさん相談したりしたけど、
頼りに出来るどころか、ママハハはまるで
イチャモンつけてるように受け取られて
マトモに取り扱ってもらえなかったんだって。


「なんでも相談してください!」馬鹿正直に何でも相談したら
本当に馬鹿にされて何とか扱いのクレーマー。

少なくともママハハはそう感じていた。




別の人からは後日
「この犬種を飼うのには最悪の環境。
飼う資格無し!
今なら別の飼い主を探せるから手放せ。
若しくは私が信頼を置くトレーナーに1年間預けろ!」


病名が出てからも、まぁ訳の分かっていない他人からの
嫌がらせのようなメールが来たのも1通や2通では無い。

「あの犬がショーで勝てないダメ犬だから、別の犬が欲しいんですか?」ですと。
ショードッグの血統の犬が生まれるならショードッグとして育ててみたいから
譲ってもらえないかと相談しただけなんだけどね。
もう済んだ話だけどさ。

断られて正解。


ってか、これからオイラにいくらのお金がかかるのか?
予想も出来ないからしばらく犬は飼えないんだって。

オイラ、一緒に遊べるワンを迎えたいんだけどね。
ボール遊びもフリスビーもスラロームも禁止だからさ。

閑話休題。



冷静に考えてみたら、誰にも何も言われる筋合いなんて無い。
気にする必要も無い。

精神的に追い詰められて、落ち着いて考えられなくなっていた
ママハハ、お前も悪い。反省するように。

ただ、ママハハは完全に人間不信ってのに陥ってしまった。
人間が人間を信じられなくなってどうするよ?



ソンジョソコラの犬なのにね。

だけど、どんな犬でも
大切なイキモノ、一緒に住みだしたら家族なのにね。
一度飼うと決めたら最後まで面倒見るのが当たり前なのにね。
大切なかけがえのない命なんだから、
返品交換するつもりなんて
毛頭無い。

イキモノの命に当たりや外れなんて絶対に無い。
価値は皆等しくて高価で尊い。
それがワカラナイ人、多すぎないか?

純血種の愛玩動物なんて、
極論を言ってしまえば人が娯楽で作り上げた不自然なイキモノ。
どんな病気が出てもおかしくない。
絶対なんて、誰も言えない。


それをどの程度受け止められるかは、人の度量にかかってる。

我が家でも今後どこまで出来るのか?
明確な答えなんて出ていない。
それでも、出来る限りの手は尽くしている。



なんでそんな簡単なことも解んないんだろう。
犬には理解不能。

人間って奴は…。

手放すつもりやクレームつけてどうこうじゃなくて、
本当になんとかしてやりたいと、皆でがんばってたのにね。

その当時、オイラの家はいろんな事が重なって本当に大変で、
ママハハなんてストレスで内臓が溶けてしまって、
オイラとアニジャとバアチャを残してお先に天国へ行ってしまう一歩手前だった。
(もちろん、オイラの事だけじゃないけど、それはまた後日)











自力でなんとかしようにも、あても無くてかかりつけ以外の獣医さんを巡り、
それでも予測出来る人はいなかった。

運動のさせ方が悪い、飼い方の問題、餌が…

肢がおかしいってのはオイラと同じ犬種をよく知る
初対面のおじいさんが言ってくれた。
内腿触って、
「筋肉は付いてるけどなぁ。ゆっくりと自転車運動させてみ。」

このおじいさんは、オイラにアニキとオトウトがいると聞いて、
高速飛ばして会いに来てくれた優しいおじいさんだ。
あれ以来会ってないけど。元気かな?

近所の尊敬するお姉ちゃんは
「上り坂運動、ちょっと気合い入れてみたら?」とアドヴァイスをくれた。
とっても上手に犬を躾ける名人とご近所で評判のイカしたお姉ちゃんだ。

小さいころからお世話になっている獣医の先生も
「股関節に問題はないのになぁ。
なんで、後肢だけ引きずるかなぁ?運動音痴なだけかなぁ?」


無理もない。
同犬種の前例、別犬種でも若年層の症例報告がないんだから。

だけど、歩き方に問題が有ることは
わかる人がひと目、一瞬見たらわかる事だった。





オイラがこの家で同居を始めるずっと前に居た
先住犬を知るオイラの同居人と今は近所に住むオッチャンが
「まるで前の犬が10歳過ぎてからと同じような症状やな…。」
と。

ビンゴ!

結局、慣れた整形外科専門の獣医さんが一発で予測して、
精密検査して病名がわかったんだけどね。

前の犬が年取ってから発症する事が少なくない病気だった。
その当時はそんな病名は知られてなくて、
ただ、「一定の犬種が年老いたらそうなる事が多い。」
首の骨の病気だった。


原因はワカラナイならそれでも良い。
今後どうするかが一番大事。

そして、願わくは
大切な兄弟姉妹達に同じ症状が出ていませんように。
一部で言われているようなソース不明の
遺伝性疾患ではありませんように!


同じような症状に心当たりがおありでしたら
ぜひ連絡ください。
興味本位や粗探し、ブリーダーや飼育方法への批判はスルーします。
とにかく情報が欲しいのです。








関連記事
スポンサーサイト

テーマ:♪ボーダーコリー♪ - ジャンル:ペット

  1. 2012/02/19(日) 16:06:40|
  2. カミングアウト
  3. | コメント:2
<<おやつ食べ過ぎたかな? | ホーム | 今日のご飯>>

コメント

今回、マルコが特殊な病気にかかり、
私が思ったことは、
この世の中にはまだまだ知らない病気が山ほどあって、
耳にしたことのある病名なんてほんの一握りであるということです。

だから、その症状の把握や病名の決定において、ものすごく時間がかかり、
獣医師にすら上手く伝えられないもどかしさや、ダビハハさんの場合、
心配がゆえに相談したことがあらぬ方向に向いてしまって
結局自分も傷ついてしまったり・・・

大変でしたね。

だけど、その追及心がダビちゃんの病気の発見に繋がったんだから、
それは気にしないでおきましょう。

私もマルコの病名が明らかになるまで、
それからの治療においても我が家にとったら莫大なお金がかかりました。

でも、中途半端で断念して、
結局なんで死んだかわからない、
そういう結末が嫌でした。
だから獣医さんにも、
「珍しい病気かも知れない。でもこういう病気だとわからないまま
死を迎える子も沢山いるはず」
って言われました。

検査に治療に費用がかかっても、
的確な処置が出来れば、マルコのように救われる子もいます。


どなたに「飼う資格がない」と言われたかは知りませんが、
この世の中、本当の意味で犬を飼う資格のない人なんて、
山ほどいます。

少なくとも私は、
必死でダビちゃんの病気を特定しようとしたダビハハさんには、
共感いたします。






  1. URL |
  2. 2012/02/20(月) 13:19:09 |
  3. たましゅー #-
  4. [ 編集 ]

たましゅーさんへ

いつもありがとう
マルちゃんの闘病記、
本当に励みになりました。
あの前後が肉体的、精神的に追い詰められ、一番つらく
口外する事もできず吐き出す術を失ってました。
また、私自身(それが直接の原因で死ぬことは無いし、肉体労働者やけど)
治療法がどれも当てはまらない自己免疫疾患と十年近く付き合ってますので、マルちゃんの事はよそ様のワンちゃんでは片付けられませんでした。
元気を取り戻したマルちゃんに、心からの賞賛を、
諦めずに支え続けたたましゅーさんとご家族に敬意を贈ります。

これからもよろしくね。
  1. URL |
  2. 2012/02/20(月) 15:46:30 |
  3. ダビハハ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

犬のダビデ

Author:犬のダビデ
オイラ犬です。
都会の片隅の小さな家で人と猫って動物達と共生してます。
犬の生活は毎日同じことの繰り返しだけど、
楽しい事や嬉しい事もいっぱいあって、
それなりに刺激的です。


[ お願い ]
オイラ、C4に異常のある持病を持っています。
中型犬の若い犬では極めて珍しい進行性の病気です。

誤解や興味本位な書き込みを避けるため、
あえて病名は書きませんが、

有益な情報をお持ちのワンの飼い主様、
どうか力を貸してください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

都会生活 (103)
田舎生活 (0)
食べる (48)
笑顔お届け隊 (16)
ドライブ・旅行 (9)
カミングアウト (4)
お友ワン (2)
親兄弟親類縁者 (6)
お洒落 (15)
未分類 (2)
獣医さん (11)

FC2カウンター

QRコード

QR

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。